2014年4月22日火曜日

迫力の描画 大型四駆のタイムトライアルゲーム Get To The Chopper

迫力の描画 大型四駆のタイムトライアルゲーム Get To The Chopper
Unityプラグインで動く描画がとてもきれいな大型の四駆を運転するゲームです。ルールは障害物が多数設置されているコースを設定タイム以内にゴールに到達出来るかを競うタイムトライアル方式で、左右の運転操作の必要がなく基本的にアクセルと車両のバランスを保つために前後のバランスを取るだけの簡単操作内容です。ミッション1は単純に走破するだけなのですがミッション2から機銃を四駆に取り付けて障害物を機銃で破壊しながら高タイムを出さないと行けないと言うちょっと変わったルールも採用されています。とにかく大迫力でとてもおもしろいので是非プレーしてみてください。


操作方法と障害物の説明とライフの説明。まずアクセルは上矢印キーで車の前後のバランスは左右矢印キーでバランスを保つことが出来ます。またマップ上に岩や木枠があるのですがこれはぶつかってもライフは減りません。左上の緑色のバーがライフレベルです。ただこのドラム缶はぶつかると爆発するのでライフが減ります。また車の腹を岩に引っ掛けたり鉄柱に引っ掛けたりするとライフが減り続けて脱出出来なければ車は爆発して最初からやり直しになります。


ゲームの流れ、ミッション1からミッション3まであるのですが各ミッションはそれぞれ5コースに分けられています。なのでひと通り5コース走り終えると図の様にクリア出来ていないタイムがあるとミッション2へ行けずにタイムが赤色表示となります。この赤色タイム表示は所定のタイムをクリアできていないので更にタイムを縮める様に走りなおす必要があります。全て白色タイムでクリアできればミッション2/3へ進むことが出来ます。


ゲームの流れですがまずこの様にレディーと言う文字が表示されて車が画面の前を通過するとタイムアタック開始なので上矢印キーを押したままにします。


凸凹のコースや板一枚のコースがあるのですが基本的に車は直進固定ですのでハンドル操作は気にせずに前後のバランスだけ注意しながらコントロールして走破を目指します。


ただ、突然崖の上からの大ジャンプなどの仕掛けがあったりと初アタックだと時々失敗を招く場合もありますが気を取り直してやり直しスタートして大ジャンプトラップをクリア目指してください。これはミッション1の4の仕掛けだったと思います。突然右が無く大落下します。横転しないように前後のバランスを取り着地しないとクリア出来ません。


テンポよくコンテナの上を走り抜ける仕掛けもあったりします。難しいですが何度でもやり直しできるのでダイナミックに運転を楽しめます。


この終わりと書かれた場所がゴールです。高タイムが出たかチェックしましょう。


ミッション2からは機関銃を使って障害物を壊しながら走らないとライフが持たない内容となってます。機関銃はスペースキーで撃つ事が出来るのですが銃身の熱ルールがあって左上の右側のレベルがなくなると銃を撃てなくなるので一度スペースキーを離してこまめに冷やす必要があります。ミッション2からかなり難易度があがりますがとてもおもしろいので是非プレーしてみてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿

ゲームの感想、情報気軽に書き込んで下さいね♪
コメントの記入者は匿名を選べばそのままメッセージ投稿出来ます。