2013年8月6日火曜日

CONQUERX2 宇宙戦争シュミレーション

SF戦略ブラウザゲーム『CONQUERX2』
CONQUERx2のストーリーは、戦士の資源消尽と戦争の果て、存亡の危機にさらされた地球人類は連合団を結成し、宇宙開発に力を注ぐことになる。

全ての天然資源が枯渇する前に太陽系を抜け出して、人類が住むことが出来る新しい惑星を発見するために。

当時の地球人類で言う西暦2900年に、ついに太陽系を短期間で抜け出すことが出来る宇宙船を開発した連合団は、一万人もの研究者を含む関係者をその宇宙船に乗せ、宇宙へとワープさせる。
太陽系から飛び出した連合団は、太陽系銀河を超えてアンドロメダ銀河系の外界へと至る。大いなる希望とともに。

そこはまさに未知の世界であった。広漠たる宇宙空間の中、連合団は探査を繰り返し、ついに念願であった地球環境と酷似し人間が居住可能な惑星を発見する。
しかし、惑星に付か付くや否や正体不明な地球外生命体の襲撃に遭い、起動をそれてしまい、地球との更新は途絶えてしまうのであった。宇宙船が消息を絶ち、粗望みを立たれた人類はただ絶望するだけであった。


しかし、人類の新たな始動は始まっていた、彼らは生きていたのである。あの事故から新銀河の奥深くより人類の命を賭した新しい挑戦が始まることになる。

おのれを新人類と名付けた我々の祖先によって。

幸い人間の生体に適した環境だった惑星X2(クロスツー)に不時着した彼らは宇宙船の残骸と惑星の資源を利用して新たな文明を発展させていた。宇宙暦元年1CXの幕開けである

文明発展は、推奨の発見でさらに加速する。

新銀河に点在する鉱脈により得られた推奨の加工法と使用法の研究の結果、新人類はこの水晶が艦船の建材としても動力源としても重要な資源であることを発見するのである。

その訃報も無いパワーによって発展を遂げた新人類は短時間で銀河を往来する宇宙船を開発して種植えhんの惑星を発見しては次々と占領することになるのであった。

しかし、技術の革新は新たな戦乱の種となる。

人類は膨大な資源消費によって持続的に新しい惑星確保して行かなければ生き残れない状態に変わっていったのである。

帝国を築いて仲間と共に果てなき宇宙を制服せよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

ゲームの感想、情報気軽に書き込んで下さいね♪
コメントの記入者は匿名を選べばそのままメッセージ投稿出来ます。